男性求人

メニュー

求人は増えたが経済は停滞している気がする

有効求人倍率が高止まりの傾向で、最近の政府の調査では完全失業率も2パーセント台になっています。これはようやく企業のリストラも落ち着きを見せ始めたということなのでしょうか。確かに大阪の街中には新車が走り回り、建物も新しいマンションが建ったりして一見、経済は回復傾向のように見えます。ですから雇用状況も企業からの男性求人数が増えていると一見おもえます。本当に大阪の経済は回復しているのでしょうか。
完全失業率が低下したとは仕事を求める男性が減っているということです。あくまでもハローワークにて仕事を求める人の登録数によってこれは決まりますから、失業したとしても、ハローワークには登録せずに民間の求人情報を元に求職するというパターンが増えたということなのかもしれません。その気になれば数字はいくらでも変化させることができます。もし、仮にこの数字が本当だとしても、大阪の経済の回復には直には繋がっていない感じもします。正社員であった人がパート・アルバイトの職に就いても雇用状態として扱われますから、失業者数にはカウントされません。
新車が走っているのは若い人がローンを組み、マンションが増えているのはこれまた若い男性がローンを組み、要は借金を先送りにしているだけのような気がします。私は男性が求人をするときには、なにがあってもいいように2つの会社で働くダブルワークを視野に入れておかないといけない時代がくるような気がしています。

男性だけの求人とは

求人も男女平等がうたわれるようになって大分時が経ちましたが、それでもまだ職業の隔たりはあるように感じます。分かりやすく呼び名を変えた職業に看護師があります。看護師は今でこそ男性も働けるようになりましたが、昔は看護婦と呼ばれており大阪の男性には白衣の天使として親しまれていたものですから、白衣の天使に大阪の男性でもなれるようになった事に時代の流れを感じます。
なぜ大阪の男性が看護婦業に参画出来るようになったかといえば、やはり白衣の天使の名前とは違い、力仕事で不規則な勤務である事が大きいと思われます。それに女性には生理や結婚して子供を授かった場合など、休日以外にも都合で仕事を休まなければならない時が多いと考えられ、その穴埋めに白衣の天使のイメージを崩してでも男性を雇用し、男女まとめて看護師と呼ばれる職業が誕生したものと考えられます。
このように男女の求人は均一化してはきましたがやはり女性にしか出来ない仕事もあるように男性にしか出来ない仕事としましては、船乗りや自衛隊などが上げられると思います。偏見と捉えられるかも知れませんが女性自衛官等、女性でも職業とされている方も増えましたが、長期航海の船や前線にはほぼ男性しかいません。それはやはり力ではなく性別の問題であり、間違いを防ぐためには仕方ない事なのだと思います。このように均等化社会になっても、男性にしか出来ない求人はまだまだあるものと思います。

女性の活躍で男性求人は減ってしまうのか?

かつては労働といえば額に汗水流して働くことが当たり前というイメージでした。体を使って働き、その対価としてお金をもらっていたわけですが、現代では働き方が多様化によりそのような求人ばかりではなくなりました。大阪の女性の社会進出も増えましたが、それでも力仕事だけでなくオフィスワークであっても体力が必要になる場面が無くなるわけではないため、大阪の男性の力が必要になります。そういった意味では大阪の男性の力はやはりどんな職場においても必要な場合があり、社会に女性が増えたとはいえ男性求人が少なくなるとは考えにくいことです。
また給与においても長期的に見ると女性よりも男性の方が多い傾向にあり、これに関しては女性の社会進出が未だ十分に根付いていないこともありますが、正社員として長く勤務する場合には結婚や出産などでどうしても仕事を離れざる負えない女性よりもずっと働ける男性の方を好んでしまう社会の傾向があります。育児休暇や子育ての環境などには改善の余地がありますが、社会全体に浸透し整備されるかどうかは不透明であり、男性が必要とされる社会はこの先も続いていくものと思われます。
さらにこれからの日本は少子化による労働人口の減少とともに慢性的な人手不足が続くため、男性求人はこれからの時代ますます必要とされるはずです。


大阪男性求人のメンズスパーク】
プライベートの部分も確実に楽しくなれるお仕事をご用意しています!いきいきと活力あふれる男性は誰の目にも魅力的に映るでしょう!大阪で求人をお探しの方や、高収入を稼ぎたい男性の皆さんにはうってつけの条件ばかりなのです!